セルフケアのツボの取り方

セルフケアの時のツボの取り方

今は健康の情報があふれているので、患者様がツボの名前や効果、なんとなくの場所を知っていたりします。

 

そして○○のツボってどこですか?と、質問を受けたりします。

 

もちろん聞かれた時は答えます。

 

でも・・セルフケアでツボを刺激するときはそんなに厳密に考える必要はないと思います。

 

だいたいの場所を見たり聞いたりして、あとはその周辺でなんとなく気持ちいい場所を軽く刺激してあげる。

 

これで十分です☆

 

そもそも私が学生の頃習ったツボの場所と今の学生が習ってるツボの場所が違うツボもあります。

 

教科書が日本独自の物から、世界で統一されたツボの場所に変わったためです。

 

それで日本独自のツボが急に効果がなくなったかというとそんなことはありません。

 

それは教科書などに書かれていることはあくまでツボの目安で、最終的にはその施術者が色々な情報を見ながらツボの位置を決定しているからだと思います。

 

ですから、セルフケアにツボを使ってみようと思っている方は本に書かれている場所の正確さよりも

 

「大体の場所+心地よい場所」

 

を探して、刺激してもらえればいいと思います。

 

そしてツボはグイグイ押したり強い刺激を入れたらいいと言うものではありません。

 

特にセルフケアで行う場合は、擦る程度か軽く圧を加えた状態で30秒〜1分ぐらい止めるぐらいの刺激でいいと思います。

 

くれぐれもカラダを変に痛めないように気を付けてくださいね☆

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうがざいました。

 

≪前の記事  次の記事≫


おぎの鍼灸院
宝塚市伊孑志3-6-25ラッグズ・シェッド201
TEL 0797-78-8826
メール info@ogino-sinkyuin.com

トップページ 料金表 施術の流れ ハリウッド式美容鍼® 診療時間・地図