鍼灸で呼吸がしやすくなる2つの理由【宝塚市 おぎの鍼灸院】

宝塚市逆瀬川おぎの鍼灸院
院長の荻野 誠司です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
鍼灸の施術の後には
『呼吸や息がしやすくなった。』
とよく言われます。

なぜなのかを今回は考えてみたいと思います。

息を吸うときには肺が膨らまないといけません。

でも肺は自分の力では膨らむことができません。

ですので、肺を膨らますためには【横隔膜】と【肋骨周りの筋肉】が特に働いて肺を膨らませていきます。

施術をすると背中や肋骨周りの筋肉が緩んで本来の動きを取り戻すので、肺が膨らみやすくなり息が吸い込みやすくなります。

また横隔膜は首からの神経と繋がっているので、首の施術をすることで、横隔膜にも刺激がいき動きがよくなると考えれます。

このように肺を膨らませ息を吸い込むのに大事な【横隔膜】と【肋骨周りの筋肉】がしっかり働くようにしてあげることで、呼吸や息がしやすくなります。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます<m(__)m>

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

おぎの鍼灸院
〒665-0033
宝塚市伊孑志3-6-25ラッグズ・シェッド201
☎0797-78-8826
info@ogino-sinkyuin.com
おぎの鍼灸院HP

友だち追加
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

カテゴリー: 2017年, 2017年5月, 健康情報 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA