胃の痛みに鍼が効く理由【宝塚市 おぎの鍼灸院】

宝塚市逆瀬川おぎの鍼灸院
院長の荻野 誠司です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
前回ブログで胃の痛みは胃のけいれんによって感じるという事を書きました。

けいれんとは筋肉が勝手に動いたり、収縮をしている状態の事です。

胃の筋肉が収縮をして痛みがでるのであれば、その収縮を緩めてあげれば痛みは治まっていきます。

そして鍼灸の教科書にも載っている内臓への働きのひとつとして、

手足に鍼をすると胃の運動が亢進する。

腹部に鍼を刺すと胃の運動が抑制されるというのがあります。

また筋肉は収縮するときに力を発揮します。

つまり胃の運動亢進というのは胃の筋肉がよく収縮して動いているという事です!

という事は、腹部のツボに鍼を打ってあげることで、過剰になり過ぎた胃の収縮運動(けいれん)を抑制して、胃がけいれんして痛いと感じるのよくしていくことができます☆

おぎの鍼灸院ではこのような考え方を使いながら胃が痛い・胃が重たい・胃が不調といった患者様に対応をしております。

もちろんそれ以外の考え方でも身体を診ていくので、腹部以外のツボにも鍼はしていきますが(^^ゞ

もし胃が痛い・胃が重たい・胃が不調・・・でもお薬は飲みたくない・このままお薬を飲み続けるのは不安という方は、お気軽にご相談ください。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます<m(__)m>

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

おぎの鍼灸院
〒665-0033
宝塚市伊孑志3-6-25ラッグズ・シェッド201
☎0797-78-8826
info@ogino-sinkyuin.com
おぎの鍼灸院HP

友だち追加
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

カテゴリー: 2017年, 2017年5月, 東洋医学 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA