しなやかな身体の使い方で心も身体も元気!【宝塚市 おぎの鍼灸院】

宝塚市逆瀬川おぎの鍼灸院
院長の荻野 誠司です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ここ最近身体の使い方と言うの物を気を付けています。

それでもバタバタしていたりすると普段の変な癖に戻ってしまいますが・・

そうやって身体の使い方を気を付けてるようにすると、いかに普段色々なところに変な力が入っているかをすごく実感します。

この気づかないというのは果たしていいことなのでしょうか??

うつ傾向のある人は痛みなどの敏感になっていると言われたリもします。

そして向精神薬を飲むと痛みがマシになったりする人もいます。

向精神薬は本当の痛み止めではないかもしれませんが、痛み止めて同じように痛みをなくしているのではなく気づかなくしているだけ・・

敏感すぎる部分を取るだけだからいいと思うかもしれませんが・・

敏感になり過ぎはつらいかもしれませんが、敏感に感じ取れるならそれを利用してその状態でも痛くない身体の使い方を学んでいけるのではないかと最近思います。

身体の使い方なんて僕自身もバタバタしていたら忘れるぐらいなので偉そうなことも全然言えませんし、時間もかかるのも事実です。

ですが、うつになってしまう方はすごい真面目な方が多いです。

そして真面目な方は思考傾向だけではなく身体の使い方も硬い気がします。

思考傾向も身体も硬いから逃がすことが出来ずに、いっぱいいっぱいに。

身体と心は確実に関係していますから、思考傾向から変えるのが難しければ、しなやかな身体の使い方を学べたら、身体の痛みもうつも良くなるのではないかと思います☆

皆様もしなやかな身体の使い方を目指してください!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました<m(__)m>

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

おぎの鍼灸院
〒665-0033
宝塚市伊孑志3-6-25ラッグズ・シェッド201
☎0797-78-8826
info@ogino-sinkyuin.com
おぎの鍼灸院HP

友だち追加
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【2016年】健康情報

○○の内臓が一番大事!
身体を緩めるという事
恐怖と身体の緊張感を体感しました!
恐怖や緊張の正体
東洋医学で診るつわりの解決法
スポーツ的な動きが身体を痛める
情報(脳)が身体に与える影響
脳の負の感情が痛みを増幅!
足の疲れは親指を蹴って歩くことが原因
自然食品のこだわりが身体を壊す!?
憧れの人の健康法が自分に合うとは限りません!
舌の歯形は原因
昔の人が強かった食べ物以外の要因
全員に良い姿勢!はありません
健康情報に囚われていませんか?
出産に立ち会って気づいたこと
体調不良で気づいたこと
タバコが不妊の原因になる理由
日本人にとっての良い姿勢
テレビの情報は正しいとは限りません
足底筋膜炎とストレッチの効果
男性の革靴も身体に悪い!?
ビールの苦味はアルツハイマー病に効く!?
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー別

東洋医学

健康情報

不妊鍼灸

美容鍼

腰痛

2016年ブログ

1月  2月  3月  4月  5月  6月

7月  8月  9月 10月 11月 12月

カテゴリー: 2016年, 2016年10月, 健康情報 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA