引きはじめの風邪に良いツボ

宝塚市逆瀬川おぎの鍼灸院
院長の荻野 誠司です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
前回に引き続きツボのお話です。

背中がゾクゾクする風邪の引きはじめに温めたらいいツボのご紹介です。

ツボの名前は「風門(ふうもん)」です。

前回のブログに登場した肺兪(はいゆ)の場所の説明と同じ感じですようなものですが、

まずは背中には背骨の出っ張りがいくつもあると思います。

そのなかで頭を下にむけた時に一番出っ張る首の骨が首の骨としての一番下の骨(第七頸椎)になります。

首の一番下の骨から出っ張りを下に二ついくと胸の骨の上から二番目(第二胸椎)があります。

その二つ目の骨とその下の三つ目の骨に間の凹みを見つけます。

その凹みから自分の親指の幅の1.5本分外にいった場所が「風門」というツボになります。

つまり肺兪の少し上と思って頂いたらいいと思います。

東洋医学でいう風邪(ふうじゃ)がよく侵入してきやすい場所として「風門」のツボの名前がつけらた場所になります。

ですから、背中ゾクゾクの風邪にはぜひ使っていただきたいツボになります。

場所がしっかりわかる方でしたら、お灸でしっかりと温めていただく。

場所がなんとなくしかわからない方は、大体の場所をカイロなどで温めてもいいと思います。(くれぐれも低温やけどには気をつけてください)

風邪の引きはじめにもいいツボになりますが、普段からこの部分を冷やさないことで、風邪予防にもなるので上手に活用してくださいね☆

今日も最後まで読んで頂きありがとうがございました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

おぎの鍼灸院
〒665-0033
宝塚市伊孑志3-6-25ラッグズ・シェッド201
☎0797-78-8826
info@ogino-sinkyuin.com
おぎの鍼灸院HP

友だち追加
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【2015年】東洋医学

東洋医学の五臓の説明
僕が体感した小児鍼の実際の効果
鍼灸は内臓の不調に効果的
味の変化は体調不良の前段階!?
不眠に効果的なツボのご紹介
心と小腸の関係
不調と時間の関係
花粉症に対して鍼灸ができること
五臓と季節の関係(春はぎっくり腰に注意)
赤ちゃんに対しての刺さない鍼(小児鍼)
舌の色で健康チェック
東洋医学が語源だった言葉
気の概念
花粉症の鼻水に百会
東洋医学も絶対ではありません
小児鍼をさぼっていました
全員がお灸が体調に合うわけではないのでお気をつけください
脾が弱いと梅雨時は身体がだるくなります
恐怖には耳のマッサージが効果的!?
おぎの鍼灸院は刺さない鍼もあります
舌の状態で健康チェック【宝塚市 おぎの鍼灸院】
乾癬にも効果がみられました【宝塚市 おぎの鍼灸院】
ツボの取り方【宝塚市 おぎの鍼灸院】
生理痛にいい3つのツボ【宝塚市 おぎの鍼灸院】
不妊鍼灸の効果【宝塚市 おぎの鍼灸院】
魚の目にも効果のあるお灸【宝塚市 おぎの鍼灸院】
瀉血で満足しないでください【宝塚市 おぎの鍼灸院】
身体の熱と冷えの2つの種類
味覚で五臓を整える
胃酸過多と胃酸不足のツボ
理想の鍼灸師
咳にいい二つのツボ
引きはじめの風邪に良いツボ
新しい病と古い病の見分け方!
東洋医学からみる秋と肺と乾燥の関係
お腹をくだしやすい人にいいツボ★
メンテナンスとしての施術も悪くない
痛くない鍼・刺さない鍼の施術効果アップ!【宝塚市 おぎの鍼灸院】
舌の乾燥にご注意下さい【宝塚市 おぎの鍼灸院】
腰の痛み方でどの五臓が弱っているかを見分ける
素問から学んだこと
鍼灸で風邪も早くよくなります!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
カテゴリー別

東洋医学

健康情報

不妊鍼灸

美容鍼

腰痛

2015年ブログ
1月  2月  3月  4月  5月  6月
7月  8月  9月 10月 11月 12月

カテゴリー: 2015年, 2015年9月, 東洋医学 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA