骨の矯正は必要か?不必要か??

宝塚市逆瀬川おぎの鍼灸院
院長の荻野 誠司です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
僕は基本的に骨の矯正と言うものに基本的には疑問をもっていました。

特にバキバキ言わせる矯正は必要ないと思っているぐらいです。

実際矯正でカラダを痛めたという患者様の体験談も聞きます・・

カラダを痛める・痛めないは施術者の上手い・下手もあると思いますが、
私は骨がズレるから痛みが出るのではなく、
痛みやほかの原因があるから骨がズレると考えています。

そう考えると骨をいくら【力】で矯正しても、
痛みや原因が治ってなければまたズレてくるから意味がないと思っていました。

でもある先生との出会いで少しその考え方もかわりました。

その先生は一個の骨のずれを治すとかではなく、全体的な背骨の調整をする

しかも力ではなく、ちょっとした刺激で自然と戻るように仕向けていく。

ちょっとした刺激なので、カラダを痛めることはまずありません。

そしてその調整をすることで、神経の圧迫や、筋肉の硬さ、血流の改善が期待でるので、いろんな症状の治り方が早いと。

ということは、
その調整をしたあとでいつもの治療をしたらさらに効果が上がるということです。

力で戻す矯正はいまだに必要性は感じませんが、

治療効果を上げたり、治療効果を長持ちさせる、背骨の調整は取り入れていこうと思います。

初めからこれはダメと決めつけないで、治療の質を上げるためにもっと色々なことを勉強していこうと思いました。

今日も最後まで読んで頂きありがとうがざいました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

おぎの鍼灸院
〒665-0033
宝塚市伊孑志3-6-25ラッグズ・シェッド201
☎0797-78-8826
info@ogino-sinkyuin.com
おぎの鍼灸院HP

友だち追加
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
その他の2015年の健康情報の記事
鍼灸が役に立てること!
鍼灸治療は内臓の不調に効果的
忙しいからこそセルフケアを☆
味の変化は体調の不良の前段階!?
お肌のハリと食べ物の関係
健康情報の取り入れ方
絶対時間と相対時間の考え方
国家資格があるから偉いわけではないですが・・
東洋医学が語源だった言葉
鍼灸の可能性

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
その他のカテゴリーの記事
東洋医学

美容鍼

腰痛

2015年全ブログ

カテゴリー: 2015年, 2015年3月, 健康情報 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA