東洋医学が語源だった言葉

宝塚市逆瀬川おぎの鍼灸院
院長の荻野 誠司です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
腑に落ちる=納得がいく

「腑」に落ちるという言葉の由来に東洋医学と接点がありました。

この「腑」という字は東洋医学でよく使う、五臓六「腑」と同じ字です。

そして東洋医学で言う「腑」は胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦です。

正確には違いますが、
基本的には食物を食べてカラダの中で消化・吸収する場所をさします

その働きから、ある言われたことを自分の中で消化・吸収する(=納得する)ことを『腑に落ちる』と言う使われ方をするみたいです。

東洋医学の言葉が今でも使われていることはちょこちょこあります。

そういったことからでも東洋医学に興味や関心をもってくれる人が増えてくれたら嬉しいです。

ちなみに余談ですが、『医食同源』は日本人が作った造語ですよ~☆

他の回のブログで書いたかな!?

もともとは『薬食同源』です。

今日も最後まで読んで頂きありがとうがざいました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

おぎの鍼灸院
〒665-0033
宝塚市伊孑志3-6-25ラッグズ・シェッド201
☎0797-78-8826
info@ogino-sinkyuin.com
おぎの鍼灸院HP

友だち追加
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

その他の2015年の東洋医学の記事
東洋医学の五臓
僕が体感した小児鍼の実際の効果
鍼灸治療は内臓の不調に効果的
味の変化は体調の不良の前段階!?
不眠に効果的なツボのご紹介!!
心と小腸の関係
不調と時間の関係

他の2015年の健康情報の記事
鍼灸が役に立てること!
鍼灸治療は内臓の不調に効果的
忙しいからこそセルフケアを☆
味の変化は体調の不良の前段階!?
お肌のハリと食べ物の関係
健康情報の取り入れ方
絶対時間と相対時間の考え方



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
その他のカテゴリーの記事

美容鍼

腰痛

2015年全ブログ

カテゴリー: 2015年, 2015年3月, 健康情報, 東洋医学 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA