不調と時間の関係

宝塚市逆瀬川おぎの鍼灸院
院長の荻野 誠司です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇今回は東洋医学の時間とカラダの関係を書いてみたいと思います。

東洋医学では子午流注(しごるちゅう)と言って、
一日の中でもある臓腑の働きが強くなったり弱くなったりする時間と言うものがあります。

例えば、下の図の肝を見ると1~3時となっています。

どういうことかと言うと、肝は夜中の1~3時の間が働きが一番強くなっている時間なのです。

逆に、その対角にある小腸は1~3時の間が働きが一番弱くなっている時間になります。

日常の事であてはめて考えてみると、

お昼間にどうもお腹の調子がよくない・下痢になる。
と言う場合は、

11時~13時は小腸の時間なので、本来なら小腸が働かないといけない時間なのに、
働きが弱く、下痢になっているのかもしれません。

また朝ごはんはが全然食べれれない。
と言う方は、

7~9時が胃の時間なので、胃が働く時間ですが、
その働きが弱く食べられないのかもしれません。

このようにある決まった時間になるとカラダの調子が崩れるということがある方は、
その時間に対応する臓腑が弱っているのかもしれません。

一度、生活の中でどんな時(時間)に体調を崩すか意識してみてみると意外な発見があるかもしれません。

どんな時に調子が悪くなりやすいのか一度確認してみてください。

最後まで読んで頂きありがとうがざいました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

おぎの鍼灸院
〒665-0033
宝塚市伊孑志3-6-25ラッグズ・シェッド201
☎0797-78-8826
info@ogino-sinkyuin.com
おぎの鍼灸院HP

友だち追加
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

その他の2015年の東洋医学の記事
東洋医学の五臓
僕が体感した小児鍼の実際の効果
鍼灸治療は内臓の不調に効果的
味の変化は体調の不良の前段階!?
不眠に効果的なツボのご紹介!!
心と小腸の関係
花粉症に対して鍼灸ができること

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
その他のカテゴリーの記事

健康情報

美容鍼

腰痛

2015年全ブログ

カテゴリー: 2015年, 2015年2月, 東洋医学 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA